あおぞら共和国の構築と近況写真 2021年5月7日更新   

 5号棟介助用品寄贈、 あおぞら共和国の森づくり・メモリアル広場、 山寺ロード


  完成予想図と現在建設済の各棟 2021年1月現在(5号棟ロッジは2020年6月完成) 

 
 「あおぞら共和国」 には、ロッジが建っている敷地以外に、ほぼ同じ面積の森が、ロッジのある敷地の北方向の対角線状に
隣接(GoogleMap空撮参照)しています。この森は戦後の復興期に植林されたアカマツが20~30m の高さとなっており、人手も入らず、
濯木類が生い茂る荒れた森になっていました。これを埼玉の森づくりグループ" 栞“による遠征活動により、周回遊歩道を作るまで
になっています。また散策の森のみでなく、積極的に薪として伐採、再度枝を成長させ、ロッジの薪ストーブ燃料供給源とし、太陽光
+C02吸収~ 樹木成長~伐採燃焼消費の「あおぞら共和国」 内でエネルギー循環システムを考えています。ウッドクラフトワークの
材料集め、宝探しなどネーチャーゲーム、木の香や風を感ずるツリーデッキを作り等、活用が考えられます。さらに現在、“夢"
プロジェクト実行委員会の発案で、難病で亡くなったこどもを偲ぶため地元の樹木を植樹した、メモリアル空間を作ることも決まって、
亡くなったこどもたちのネームプレートを貼った小さな石碑も設置する計画です。このように森活用の夢は膨らむのですが、それらを
実現させるには、人手が必要です。これからは地元に里山づくりのボランティアグループを作り、地元の方と一緒に活動を楽しむ交流
の場にもしたいと思っています。
 コロナが落ち着いたら、賛同してくれる地元の方を探したいと考えています。     

 SSKPvol_184_掲載  SSPE青空の会みんなのふるさと”夢" プロジェクト実行委員畑秀二氏の記事より抜粋
  


あおぞら共和国"の森 周回遊歩道
 
 
  亡くなったこどもたちのメモリアル植樹予定地
 

 メモリアル広場入口 2021年4月24日
 

  メモリアル広場
 2021年4月24日
 
5号棟 太陽光発電機器の設置 2020年度に日本郵便 年賀寄付金 助成機器

 建設が完了した 5号棟 2020年6月20日 

 5号棟内部 

  5号棟内部 
     
  5 号棟の介助用品

  5号棟に介助用品が設置されました。移動式リフトや
  サイドテーブル、エアマットなどの介助用品一式( ベッドを
  除く)は回甲府一高あおぞら会から寄贈いたしました。
 
  「がんばれ」SSKPol.186 あおぞら共和国 202年.5月1日発行より
  

 建設中の5号棟ロッジ 2020年6月完成
 
難病ネット会報 「がんばれ」SSKPvol.186 あおぞら共和国 のページより202年.5月1日発行



 2019年3月1日 交流棟(小林 登記念ホール)竣工式

◆小林登先生・難病のこども支援活動の産みの親・東大名誉教授
 国立小児病院名誉院長・難病ネット名誉会長
◆最大100名が利用できる多目的ホール・事務室、配膳室等有
◆『母子像』 宇賀地洋子さん作・甲府一高あおぞら会会員
  故相川公代様の遺産を原資(ご両親から寄贈頂きました)
◆ステンドグラス『花と虹』(高見俊雄氏作)
◆『エディス キャベル 山』(後藤 久氏作)
 
母子像の除幕式 像の制作者 宇賀地さんの挨拶
 

RDD2019”あおぞら共和国” とウインターキャンプ in ”あおぞら共和国” 開催 2019年3月1日~3日
 
1号棟     交流棟      キッズボックス
 
 

 壁に掛かった 絵画は 『エディス キャベル山』(後藤 久氏作)
 
 ステンドグラス  「花と虹」 高見俊雄作                        ステンドグラスの丸窓
  あおぞら共和国の各棟紹介
     5号棟

◆2020年6月竣工
◆定員5名
◆1階 LDK、フローリング室、トイレ、洗面所 
◆2階 ロフト楽器が有ります。
◆設備 重度の障害の方のケアに必要な設備を設置
  介護用ベッドは有名ベッド会社より無償貸与
  移動用リフト、サイドテーブル、エアマット、入浴用イス等の介護用品一式は
  甲府一高あおぞら会より寄贈いたしました。
◆太陽光発電・太陽熱温水器システム(日本郵便年賀寄付金)
◆主な寄付者:株式会社日ノ樹
     交流棟(小林 登記念ホール)

◆ 2019年3月竣工式
◆小林登先生・難病のこども支援活動の産みの親・東大名誉教授
        国立小児病院名誉院長・難病ネット名誉会長
◆最大100名が利用できる多目的ホール・事務室、配膳室等有
◆『母子像』 宇賀地洋子さん作・甲府一高あおぞら会会員
  故相川公代様の遺産を原資(ご両親から寄贈頂きました)
◆ステンドグラス『花と虹』(高見俊雄氏作)
◆絵画 『エディス キャベル 山』(後藤 久氏作) 
    キッズボックス

◆2017年12月完成
◆3つの部屋 (読書ルーム・遊ぶ部屋・工作ルーム)で構成
◆引き出しを開けてみてください。手作り積木や、楽器が有ります。
◆一部の壁にはホワイトボード設置、絵を描くことが可能
   野外ステージ

◆2017年2月完成
◆ステージ 幅8mX奥行5m
      後方の白壁は ホリゾントスクリーンとして使用可
◆バックヤード(約3坪)あり
◆スピーカー・証明利用可能
◆主な寄贈者:ザ・レジェンド。プロアマトーナメント
  こけら落し演奏会:2018年5月12日、寄贈団体の実行委員、
  日野皓正Quintet  Charity Live in ”あおぞら共和国
    3号棟 

2016年4月竣工

◆20人が宿泊可能な、大きいロッジです。
◆1階 LDK、和室1室、洋室1室 洗面所、薪ストーブ、
  トイレ5室(1室は外から専用、LDKと和室の間の開閉壁
  を開放すると大勢の人が集合可能な大スペースになります  
◆2階 ロフト2室 男女分けや、グループ分けが出来るように計画
◆オリジナルステンドグラスは、部屋の中からも、外からも見
 てみてください。
◆太陽光発電・太陽熱温水器システム(24時間TVから寄贈)
◆主な寄付者:TOOTH FAIRY 
    4号棟

◆2015年9月完成
◆15人が宿泊可能です。
◆1階 LDK、和室1室、風呂、トイレ、洗面所
◆2階のロフトは、男女分けや、グループ分けが出来るように計画    
◆薪ストーブが設置してあります。    
◆太陽光発電・太陽熱温水器システム(24時間TVから寄贈)
◆主な寄付者  『ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント』レジェンドの実行委員青木功氏、日野皓正氏が贈呈式に参加 
    浴室棟

◆2014年12月竣工
◆敷地内の井戸から出る天然水を沸かしています。浴槽は4畳の広さ、 
 介助をしながら、みんな一緒に入ることができます。
◆床は杉材、壁はサワラ材を使用しています。木の香がいっぱいです。
◆太陽光発電・太陽熱温水器システム(24時間TVから寄贈)
◆主な寄付者:公益財団法人24時間テレビチャリティ委員会
    2号棟

◆2014年6月着工
◆2014年10月完成
◆10人が宿泊可能です。
◆1階 LDK、和室、トイレ、風呂、洗面所
  薪ストーブが設置してあります。
◆2階のロフトは、男女分けや、グループ分けが出来るように計画
◆ロフトの腰壁は、“無双窓(むそうまど)”となっています。(1階から着替えが見えないように。)
◆太陽光発電・太陽熱温水器システム(24時間TVから寄贈)
◆主な寄付者:FITチャリティ・ラン
    1号棟

◆2013年9月起工式   
◆2014年3月竣工式
◆2014年3月に、一番初めに建ったロッジです。定員10人。
◆1階にLDK、和室、トイレ、風呂、洗面所,
◆2階にロフト1室
◆この敷地にあった松材を梁などに使っています。
◆暖房は電気式床暖房です。
◆太陽光発電・太陽熱温水器システム(24時間TVから寄贈)
◆主な寄付者:日本メイスン財団
     あおぞら共和国施設設計の対環境ポリシー
 エコシステム構成図(太陽光発電、太陽熱温水)

◆安全な開発=地下埋込調整池と防火水槽。電線、
  電話線の地下埋設
◆地域の基準を順守した開発。
◆土地のDNA維持=土を外に出さない、持ち込まない。
  雑草もモグラモ
◆伐採した樹木も資材、燃料等に活用
◆環境にやさしい太陽光エネルギー利用(発電、温水器)
 エコシステムの導入を24時間テレビチャリティ委員会、日本郵便年賀寄付金 
 からの寄付により設置。(約1トンのCO2を削減)
◆太陽光発電(HEMS) 短期間に集中的利用を可能とし、また
  停電時・夜間も利用可能とするに為に蓄電池を備えている。
◆将来は雨水の再利用を図る。
 
 あおぞら共和国のここまでの建設の様子

2018年10月27日 建設中の交流棟 

2018年10月27日 建設中の交流棟の内部見学 

 交流棟・起工式 2018年7月14日 

 交流棟・基礎工事   2018年9月2日 

2017年12月20日、キッズボックスが完成し、引き渡しを受けました。 

◆3つの部屋 (読書ルーム・遊ぶ部屋・工作ルーム)で構成
◆引き出しを開けてみてください。手作り積木や、楽器が有ります。
◆一部の壁にはホワイトボード設置、絵を描くことが可能
 
キッズボックスの内部 一部屋

KidsBox建設中 2017年10月27日 

芝生・クローバーが広場を被いました  左から屋外ステージ 4号棟  3号棟

煉瓦積のイスとテーブル(テーブルの中には炉が組み込まれています) 

テーブル、じゃぶじゃぶ池、ステージ周辺の全景です 

2017年5月1日 SSKP がんばれ!Vol.162  13ページより  

 芝生広場4月22日   右端から左へ  1号棟   2号棟  3号棟  4号棟


がんばれ Vol.161 11ページより  屋外ステージ2017年2月完成

◆ステージ本体の大きさは、横8m×奥行5mです。
◆後ろに約3坪弱のバックヤード有、着替可能、小道具を置場もOK
◆電源コンセントも設置有り。スピーカーや照明が利用可能
◆ステージ上の壁は白色塗装なので、スクリーンに利用可能プロジェクタで、映像や写真の投影が可能
◆主な寄付者:ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント
 
  3号棟完成 竣工式2016年4月21日

◆20人が宿泊可能な、大きいロッジです。
◆1階 LDKと2室 LDKと寝室の間の開閉壁を開放すると大勢の人が集合可能な大スペースになります  
◆2階 ロフト2室 男女分けや、グループ分けが出来るように計画
◆オリジナルステンドグラスは、部屋の中からも、外からも見てみてください。
◆トイレ5室(1室は外から専用)や洗面も多数設置、薪ストーブ有    
◆主な寄付者:TOOTH FAIRY

  南側 外周回歩道 
 
  道路から3号棟と奥の入浴棟
 
  工事中の外周路

  完成間近の3号棟 2016年

中央にちょこっと見える雪をかぶった山頂は甲斐駒ケ岳 
 
 
完成した全ての建物  左からお風呂棟 4号棟、3号棟(工事中)、2号棟、1号棟 2016年
 
  
 山梨県北杜市に建設中の”あおぞら共和国”では、2015年5月1日(金)、4号ロッジの 上棟式が行われました。 
 
 

 山梨県北杜市白州町鳥原字向林 2011年



 松林を伐採し整地されたあおぞら共和国建設用地 2013年